HOME > 各部門のご案内 > 臨床検査科 > 臨床検査科のご紹介

臨床検査科のご紹介

臨床検査科の紹介

概要

臨床検査科は臨床検査技師4名で業務を行っています。
夜間、休日においても技師の輪番制でオンコール体制を敷き、入院及び救急患者様の緊急検査を実施し呼び出しに対応しています。

病院の規模からもすべての検査を病院内で行うことは不可能ですが、限られた時間とコストでいかに「患者様の診断・治療」に貢献できるかを模索しながら検査業務を行っています。
患者様から採取した検体(血液、尿、便、穿刺液、組織など)を「病気の早期発見・治療」に役立てられる項目を優先的に院内で行っています。
特に『狭心症・心筋梗塞』といった一刻を争う病気に対しては迅速な診断が行えるように特異性の高い検査を取り入れています。…*1
rinshokensa1
*1…緊急検査は30分以内で報告します。夜間、休日はオンコール体制で検体検査を行っています。
また、患者様から得られる生態信号を検査する心電図(負荷心電図・ホルター心電図)、脳波検査や放射線被爆の無い超音波検査(心臓・腹部・甲状腺・乳腺・頸動脈)も臨床検査技師が行っています。
特に超音波検査は「場所・時間」といった制限が少ないことから、出来る限り予約検査は行わず、患者様が「痛い」「しんどい」といった症状が出ているときに検査が行える体制を取っています。…*2
rinshokensa2
*2…循環器医、内科医(超音波指導医)との連携で質の高い超音波検査を行っています。
臨床検査技師は病院の中での『検査』と名のつく仕事だけを行っているわけではありません。輸血に関する業務も臨床検査科が一元管理して行っています。「善意の血液」である血液製剤の無駄をなくし、より安全な輸血療法が行えるよう努力しています。…*3

また、病院の感染予防対策にも積極的に取り組んでおり、臨床検査科が集計する細菌検査のデータや毎週発行する感染情報等は感染予防対策の決定事項に貢献しています。

若いスタッフで業務を行っていますが、患者様の身近な検査技師であることを心がけながら日々頑張っています。

rinshokensa3
*3…安全で無駄のない輸血療法を行うには主治医とのコミュニケーションが大事。
輸血後の副作用が無いか検査データ 以外にカルテのチェックも行っています。

外来受付

受付時間
午前8:00~11:30 午後13:00~15:00
診察時間
午前9:00~12:00 午後13:30~15:30

※科目により異なることがあります。

ご来院される方へ

PageTOP